イングリッシュがペラペラなキッズ!子どもの英会話スクール

本を眺める男性

TOPICS

早いうちから英会話

子どものうちから英会話を学ぶこと。これには大きな意味があります。英語を「科目」としてでなく、純粋に「言語」として覚えることが出来るからです。自然に言葉を覚えるように、子どもたちは英語を吸収します。

 Read More

先生とお勉強

英会話スクールでは、子どもたちに教えてくれる先生がいらっしゃいます。英会話の達人である先生方とじかに英語で触れ合うことによって、英語が話されるナマの現場でのやり取りから学ぶことが出来るのです。

 Read More

パソコンでお勉強

最先端技術を導入した英会話スクールも、増えています。子どもたちが夢中になるような楽しい仕掛けのなされたパソコンソフトが使われているのです。パソコン完備のスクール、要注目です。

 Read More

マンツーマンでお勉強

1対1の会話の中で、深いコミュニケーションが生まれます。英会話スクールの中には、先生方とマンツーマンで学び、子どもたちが自然にゆっくり技術を深めていけるようなレッスンを行うところがあります。

 Read More

日本語と英語

「子どもの頃から英会話と日本語会話がごっちゃになって、大丈夫かしら?」という疑問があるかもしれませんが、大丈夫なのです。いいのです。むしろ、今がたった一度のチャンスなのです。

 Read More

英会話を学ぶこと

幼い内に能力を発揮!人気のある幼児教室は自由が丘にアリ。オススメ教室で我が子の教育をサポートしてもらうといいでしょう。

身につきやすい子供英会話教室ランキングはココでチェックしておきましょう。文法や本格的な英会話を学ぶことが出来るスクールがあります。

世界の言葉を知ること

私は今、日本語を使っています。しかし、もちろんこれだけが言語ではありません。かつてバベルの塔が神の逆鱗に触れて壊されたときから、人はさまざまな国に散り、さまざまな言葉を喋るようになった……そんな伝説があります。
日本語は、その中のひとつに過ぎません。似ている言語はあまりなく、日本人以外にはあまり話されない言語です。
たとえば、日本語を母語としている国は日本だけです。英語とはちょっと違うのです。
日本語が世界で最も美しい言語だと、これを書いている私は個人的には思っていますが、最も強い言葉は何か、世界的な言語として挙げられる言葉は何かと聞かれたら、英語であると答えるしかないでしょう。
英語は「English」つまりイングランド(イギリス)の言葉ではありますが、イギリスだけではなくアメリカやオーストラリア、その他さまざまな国が母語として採用している他、「地球語」のような扱いを受けることもあります。
英語を知っていれば、世界に出ることが出来るということなのです。

子どもたちの英会話

もちろん、私たちは英語を学ぶことが出来ます。これまでにも学んできましたし、これからも学んでいくことが出来ます。
ひと昔前までは中学校から始まった英語教育も、現在では小学校から始めるような動きになっているようです。
これを書いている私は中学校から学んだ世代で、高校卒業まで書いたり読んだりいろんなことを詰め込まれましたが、正直に言えばそれほど覚えていないというのが実際のところ。
何よりも、言語を学ぶというよりは公式を覚えればOKな数学や厄介なカタカナの名前をたくさん暗記させられた世界史のような、そういう勉強が多かったからでしょう。
英語は美しく、システマティックで、スマートな言語なのに、「科目」になったとたんに楽しさが失われてしまったのです。
というわけで、学校での授業科目としての「英語」が始まる前の子どもたちに英語を勉強してもらうというのは、良いことであると言えます。
まだ英語が「楽しい言葉」であるうちにマスターすることが出来れば、世界に出て、世界をより饒舌に、なめらかに表現することが出来るようになるのです。

おすすめリンク

  • RISE

    こちらは英語の幼稚園として評判を集めています。脳が柔らかい幼いうちに英会話に触れさせることが出来ると評判を集めています。

Copyright (c) 2015 イングリッシュがペラペラなキッズ!子どもの英会話スクール all reserved.